あおぞら日記

白浜で夏を満喫

毎年夏休みを利用して法人所有の白浜山荘へ2泊3日で出かけています。せわしない日常から離れ、のんびりとした時間が流れます。職員も日ごろの疲れを癒すことができ・・・
と言いたいところですが、子どもたちのはしゃぎっぷりといったらありません。この行事を子どもたちは何よりも楽しみにしているのですから。

日中は海や川、プール、遊園地などに出かけ、夜は花火に肝試しだってやりますよ((+_+))   
癒されるどころか、子どもたちに
どんどんパワーを吸い取られていくような・・・
こうなったら職員だって負けじとおもいっきり楽しむほかありません!童心に帰っておおはしゃぎ。

唯一静かなひと時は、帰りのバスの中。わずかに寝息が聞こえるのみです(-_-)zzz
あっという間の3日間ですが、最高の夏の思い出です。

甲子園は暑かった!

 行ってきました阪神甲子園球場!毎年ありがたいことに、阪神タイガースの矢野燿大選手が招待してくださる「矢野シート」での観戦です。ありがたいことです。野球が大好きな子どもたちも「ボール飛んでくるかな!?」「ホームラン打つかな!?」と目をキラキラさせながら観ていました。野球が大好きな職員も「やっぱりプロはうまいなあ…」「肩ええなあ…」などと当たり前のことを言い合いながら楽しみました。
 結果は阪神タイガースの勝利!!(7月27日の試合です。)好調阪神タイガースのようにあおぞらの子どもたちもはつらつと生きてほしいなあと思います。
 矢野選手、阪神タイガース様、ありがとうございました。

本法人(阪南福祉事業会)の理事長である永野孝男は、大阪府議会議員で橋下府知事が代表を務める『大阪維新の会』のメンバーです。

このたび、あおぞら園長とともに上海万博の“なにわの日”(728日)イベントに参加し、会場を盛り上げてきました。お祭り広場にはやぐらが組まれ、大阪からの500人の大応援団が中村美津子さんや河内家菊水丸さんらが歌う河内音頭に合わせて、現地の方々と一緒に盆踊りの輪を作りました。

前日には、「子どもが笑う大阪」を目指す橋下府知事と夕食をともにしました。児童養護施設の現状を伝えることができ、深い理解をしていただきました。今後も大阪の発展と子どもたちの幸せのために頑張ってほしいと思います。

1 / 41234