あおぞら日記

組織風土診断

大阪府社会福祉協議会主催の「組織風土診断」の結果が返ってきました。

経営方針、仕事のやりがい、コミュニケーション、労働条件、仕事の進め方と教育訓練、の5つの観点に基いて全職員から匿名でアンケートを集計した結果、5つの観点すべてで社会福祉法人平均を上回っていました!

仕事のやりがいについての職員の評点は、80点の高得点。「仕事のやりがいを強く感じている職員が多いという点が、社会福祉法人の特徴でもありますが、とりわけ貴施設の評点はすばらしいと思います」と褒めていただいています。他には、幹部職員の手腕、上司への信頼に対して過半数の職員が、肯定的に回答し、職場の雰囲気もよく協力的に仕事をされている様子がうかがえる、とのこと。また、アットホームな雰囲気で、施設長に対する良好な信頼関係が築かれている、とも書かれています。

ただ、情報伝達や職務分掌に関しては課題が見えたので、グラフの五角形がより大きくなるよう、あおぞら職場改善チームを中心に職場改善、経営改善に取り組んでいきます。よりいっそう風通しのいい施設めざして。