あおぞら日記

最後の練習

27日はキックベースボール大会です。
この日のために野上監督率いる我らがあおぞらチームは練習を重ねてきました。今日が大会前の最後の練習ということで、練習におじゃましましたー!


あおぞらにはグランドがありません。近くの公営グランドをお借りします。もちろん全面を使用できるとも限らず、この日は野球チームとライバルの三ヶ山学園キックベースクラブと分割です。どうもみんなライバルチームの練習が気になるみたい。そわそわ・・・
大丈夫!集中、集中!

最後は円陣を組んで、ひとりひとり本番への意気込みを発表します。監督からは、ここまで練習をよくがんばった!と労いの言葉と、オレたちは守備のチーム。自分と仲間を信じて戦おう!と激が飛びました。

去年は4位。今年はそれ以上の成績を期待していますよ!ファイトー!

うれしいごほうび

今日は勤労感謝の日です。
土日も祝日も関係のないこの仕事をしてますと、学校がお休みで子どもたちがのんびり過ごしている様子で(あぁ、今日は祝日だったかぁ。)なんて気づかされることもよくあります。まして、その日が何の日なのかなんて思い出す暇もなく一日が過ぎていくことだって。

つぐみ(女子ユニット)は朝からとってもいい匂い。なんでって、U実ちゃんがケーキを焼いていたから。女の子はやっぱりクッキングが大好き。
休みの日ともなると、キッチンはクッキーやケーキを焼く子どもたちに占領されちゃいます。
今日もいつものことと見守っていたら、「見て、見て!」と呼ばれ・・・

 「職員さんみんなで食べてね。」と、ケーキをプレゼントしてくれたんです!
ケーキには“先生 いつもありがとう”とメッセージが書かれ、ようやく今日が勤労感謝の日だと気がついた私・・・。
ステキすぎる!感動です!

さっそく職員室でコーヒーブレイク。
おいしくいただきました。
ありがとう!!

“児童養護”なんて文字にすると硬いイメージですが、実際私たちの仕事は、家庭に代わり、子どもたちが安心・安全な生活を送れるようお手伝いをしているだけ。
日々ともに喜怒哀楽を共有し、子どもたちに救われてるなぁと感じることも多々あります。
なのにこんなことされちゃうと、なんだかこっぱずかしいなぁ (*>ω<*)
職員のみなさん、これを活力にまた今日からがんばりましょうね!

ふくろうでピンポン

“ふくろう”といっても鳥のふくろうじゃありません。そんなことできる人がいたら、ぜひお目にかかりたい。この“ふくろう”とは、あおぞらの多目的ホール『ふくろうの森』のことなんです。ある時は公文学習に、ある時は笛星(ふえすた)[だんじりばやしクラブ]の練習に、ある時は集いに・・・

そして休日は、子どもたちが卓球を楽しんでいます。この日は中高生グループ。ストレス発散とばかりにスマッシュが乱れ飛びます。
見ているだけじゃあ、つまらない!ってなもんで、職員だって参戦です!
あー、すっきりしたー ヽ(^O^;)ノ

2 / 3123